ブログトップ

右脳怪獣の時々日記

unoukaiju.exblog.jp

右脳怪獣のゴジラ製作日記です。

カテゴリ:その他( 17 )

d0020248_18101748.jpg

明けましておめでとうございます。

新年はいつもお参りしているお寺で米と昆布と椎の実を頂き一年の健康を祈願しました。
昨年は身の周りで不幸が続き改めて健康の意味を再認識する年でした。

皆様が今年一年を健康に過ごせますようお祈り申し上げます。


今年も焦らずじっくりとガレキを作って行きたいと思っていますので宜しくお願い致します。
by unoukaiju | 2011-01-04 18:35 | その他
私の知人にはカメラマンを仕事にしている(していた)人間がどういうわけか多い。
先日もある方から突然メールが届いた。
”ボクサー亀田興毅のフォトエッセイを出しますので よろしくおねがいします。”と
まさかー? 
ネットで確認すると本当の事だった。
そう言えばこの間バイエルンVSハンブルガー(サッカー)の試合で冬のドイツに撮影に行くと言う事でUS・NAVYの兵士が戦艦の上で着用していたジャケット(N-1デッキジャケット)のレプリカを購入されその試着報告も頂いたばかりだった。

昨日の亀田興毅VSボウチャンの試合は不満・不信が残るし人間的に好まない人物だが、亀田興毅を直に撮影してきた彼の”亀田興毅観”を今度聴いてみようと思う。
それによってちょっとは好きになるかもしれない。


d0020248_1955486.jpg

by unoukaiju | 2006-03-09 20:00 | その他
毎日、佐川急便の配達員が夕方になるとやって来て”今日は荷物はないでしょうか?”と元気な声をかけてくれる。
今週いっぱいは荷物が無いから、今週は毎日来なくてもいいよ。と伝えると
”いえ、毎日来させて頂きます”と屈託のない返事が帰ってきた。
僕は彼のそんなところが大好きで某宅配会社をメインにしていたが、彼が来てからは佐川急便をメインに利用するようになった。

配達料金の相談も快く受けてくれるし、彼の元気な声がピリピリしがちなこの工場を和ませてくれるのが何よりもありがたい。
Y君、ありがとう!  来週はいっぱい荷物があるからね!
d0020248_20293598.jpg

by unoukaiju | 2006-01-24 20:30 | その他
やっと、”KING KONG"を観た。

印象的だったのが、物語終盤ニューヨークの公園でアン・ダロウ(主人公)を片手にスケートをするシーンでのBGM、ペギー・リーの”Bye Bye Blackbird"が流れた時だった。
この監督(ピーター・ジャクソン監督)なかなかやるなー!
きっとこの曲を使いたいが為にこのシーンを作ったんじゃなかろうか?と思えるほどハマっていた。
それと、”Beautiful〜” 俺にも聞こえたぞー!
いろいろつっこみたくなる部分があったけど楽しい映画だった。

それにしても、あの人数でどうやってコングを運んで来たのだろう?
それだけは、キッチリと撮って欲しかった。
なにせ上映時間が3時間もあったのだから。

d0020248_19583351.jpg

by unoukaiju | 2006-01-12 20:00 | その他
明けましておめでとうございます!

昨年度中は皆様のご協力を頂き当ブログを運営できました事に感謝致します。
本年度も皆様の暖か〜いお言葉をお待ちしております。
”どうかこの一年が良い年でありますよう 心からお祈り申し上げます”

d0020248_031877.jpg

by unoukaiju | 2006-01-01 00:03 | その他
25日午後10時、仕事を終え夕食をとっていると夜の冷たい空気をバイクで切り裂きながら次男坊がバイトから帰ってきた。
手には丁寧に包装された2枚CD(おそらく)。
”ハイっ!”と彼は面倒くさそうに私と家内にそれぞれに手渡した。
良くみると、家内に渡した方だけにリボンが付いている。
”明けてもいいか?”と尋ねると”いいよ”と。
家内のは私の知らない今ハヤリのHIPHOP系のCD。
私のはこれ”中島美嘉・ベスト”
クリスマスプレゼントだったのだ。
息子よありがとう!

d0020248_9532433.jpg

by unoukaiju | 2005-12-26 09:53 | その他
88年ぶりの大雪だった。
幸いにも通勤という行為が無い私はタイヤスリップという恐怖に出くわすことはなく暖かい部屋から雪景色を眺める事が出来る。

雪景色は南国の地に住む私にとって実に新鮮であり心を和ませてくれる。
それは、いつも殺伐として角角した建物や雑然とした物と音が一晩にして覆いかくされ純白の柔らかい曲線の風景にしてくれるからだと思う。



d0020248_10251183.jpg

by unoukaiju | 2005-12-23 10:25 | その他
11日日曜日
地元の美術館で”造型集団<海洋堂>の軌跡”と題してこれまでの主立った作品の展示会があり家内と2人で出かけた。
広い展示会場の壁一面にはチョコエッグシリーズがずらーっと並べられ彼女はその造型の素晴らしさと可愛らしさに一喜一憂していた。
ゴジラは20センチシリーズとひねりキンゴジ、30センチモスゴジがショーケースに並んでいたが、見る由も無く通り過ぎ松村しのぶ氏の動物造型を堪能した。

一通り観た後、マルク・シャガールの「ダフニスとクロエ」展と常設のモディリアーニの”赤毛の女”を観るために小高い丘にあるもう一つの美術館に車を走らせた。
数年ぶりに再会した”赤毛の女”に穏やかな力を注いで貰ったような気がした。
d0020248_19264343.jpg

by unoukaiju | 2005-12-13 19:29 | その他
”ノルウェーの森”上・下卷を読み終わった。
18歳で自殺した友人の彼女と主人公”ワタナベ”の恋愛小説で1960年代の話。
村上春樹の平明な言葉で描かれた物語は実に読みやすく、その世界観にすんなりと入り込む事が出来た。
読み終えて暫くはその余韻に浸って居たいほどにいい本だった。

今は村上龍の”村上龍料理小説集”を読んでいる。
32の掌編小説で料理にまつわる物語である。
”そんな事、ありえねーだろー!”的なシチュエーションが多々あり、その”ありえねー”度が実に微妙で”絶対にあり得ない話”になり切ってないところに作家の上手い騙しのテクニックがあるのだろうと思った。

画像は来年のワールドカップに先駆けてナショナルチーム・ユニフォームのデザインをモチーフにしたヘルメット。
某スポーツメーカー"A"社へのプレゼン用です。
d0020248_21204310.jpg

by unoukaiju | 2005-12-09 21:24 | その他
12月に入ってから風邪や怪我で仕事が思うようにこなせず慌ただしくなってきた。
一週間が短く感じるのは私だけではないと思うけど、塗料の調色中に”今年のクリスマスもいつの間にか終わってしまったなー”などと訳の分からぬ事が脳裏をかすめる瞬間があったり、数日前もテッキリ水曜日のつもりで仕事の段取りをしているとT君に”今日は木曜日ですよ!”と言われ慌ててしまったりして思わず自分が怖くなったりする。

イメージ1
尻尾の接地部分のモールド作り完了です。
d0020248_9545197.jpg

by unoukaiju | 2005-12-08 09:55 | その他